大阪市中央区|通信教育の大阪ペン字クラブ|有限会社書法がお贈りする月刊「ペン字」は、上達が見える格調高い本物のテキストです。 サイトマップ

大阪府大阪市中央区|通信教育の大阪ペン字クラブ|有限会社書法がお贈りする月刊「ペン字」は、上達が見える格調高い本物のテキストです|ペン習字や書道教室も お申し込み・お問い合わせ tel: 06-6222-4089 月~金 AM10:00~PM5:00 AM10:00~PM5:00 土・日・祝 定休(年末年始など臨時休暇あり)
読者の声
本誌での学習効果 上達法について お申し込み・学習の流れ 資格について
支部教室の先生や生徒の声をご紹介します
支部一覧
●仙台支部 加賀谷様 ●仙台支部 加賀谷様

ペン字誌とのお付き合いは、仙台放送教養学園のテキストに使用させて頂いて以来30年になります。 支部長高橋素光先生のもと市内4カ所のリビング教室でお世話になっております。
ペン字誌ではペン字と毛筆細字が同時に学べます。文字の基本から実用書式、古典文字まで内容に柔軟性があり、大変格調高く時代に即応したお手本です。
毎月作品審査評価と、年2回の昇段級試験にて昇格、そして年1回の師範試験があり資格取得できます。目標に向かって進めるすばらしいテキストです。
●今治支部 香川様 ●今治支部 香川様

ある時NHKの教養講座で、書をスラスラと絵のように書いて、とても楽しそうな書道家の姿を見ました。私もあの様に何の苦もなく美しく書いてみたいと思い、近くの今治教室に入り、大阪ペン字クラブのテキストと出会いました。大勢の方が学ばれている事を知り、とても励みになっています。
先生の丁寧なご指導のおかげで少しずつですが上達でき、毎月の課題を見るのが楽しみになってきました。私なりの書が書けるよう、これからも続けていきたいと思います。
●青童社支部 本多様 ●青童社支部 本多様

実用書道競書誌が少ない中で、級単位によってお手本が違い初級から本人のペースで進めることができるペン字誌は、お稽古を始める人には勉強しやすいと思います。高段位になると手紙文、近代詩文、仮名形式などペンで表現する楽しみが増していきます。
また、毛筆細字については小筆、筆ペンで実用語、手紙文、写経などお稽古でき、パソコン社会の中で肉筆の暖かみを感じ嬉しくなります。長い間飽きることなく続けられることもこのテキストの良さだと思います。
●大税支部 野口様 ●大税支部 野口様

大税支部に入会した時に、支部の先生から「ペン字」誌の購読をすすめられ、その中の毛筆細字やペン字の手本に興味を引かれて作品の提出を続けることにしました。
毎月自分の作品が優秀作品として誌上に掲載されるのを夢見ながら、一級一段と上達していく自分を励ましつつ、現在まで続けて参りました。幸い毛筆もペン字も師範を戴き、なんとか美しい字が書ける様になったのは、「ペン字」誌に出会ったお陰と感謝しており、毎月届くのを楽しみにしているこの頃です。
●長崎支部 屋住様 ●長崎支部 屋住様

「本社の本部長命令だって」と「ペン字」誌を渡されたのは、昭和47年暮、関西在住の時でした。
小さい頃から両親と共に毛筆には親しんでいましたが、命令ならば、と営業所諸兄と机を並べたペン字の練習が始まりました。爾来、生涯の師、水本先生との邂逅という恵みと、故郷長崎で書の集いを得ています。何物にも代え難きペン字誌の出会いに感謝。それは今を支える、「笑いと温もりと学び」の庵の中の幸せにつながっています。
●娃支部 迫様 ●娃支部 迫様

“書く事を楽しんで欲しい”。いつもそう思いながら皆さんと接しています。やはり基本の習得が大切なので、毎月ペン字誌の課題を「美しい形、美しい線をよく見て下さいね」と話しながらお稽古しています。初心者から上級者までの課題は大変工夫されており、毎号届くのを楽しみにしています。
また、事務所スタッフの方々の対応も丁寧で心強く感じております。これからも書く喜びを多くの方々に伝えていきたいと思っています。